伊丹第三師団・防衛省申し入れ

2017.04.16 Sunday 19:48
0

     今日は145回目の第三師団・防衛省申し入れだ。

     いい天気で暑いぐらいだ。

     訴えた課題は以下に申し入れ内容として示します。

     今日は初めて参加してくれた人が5人

    あって、13人にもなった。近頃では最高の人数である。

     

     神戸市の長田区から板宿から来ていただいた方が5人もあった。

     

     143回から申入れの最後は歌で訴えるようになって来た。

     今日はIさんのポータブルのピアノで「ピース、ピース、ピース」と「平和の祈り」を演奏してもらって歌った。

     楽しいピアノ演奏で雰囲気は凄く盛り上がった。

     自衛隊員I一尉が真摯に受け取り関係部署に渡してくれるということであった。  

     

    安倍晋三総理大臣様
    稲田朋美防衛大臣様

    近畿中部防衛局様
    中部方面総監部様
    自衛隊第三師団長様

    自衛隊千僧駐屯地司令様

     

    アメリカのシリアへの空爆は駄目です。平和憲法下の首相としてアメリカを諌めてくだ

    さい。南スーダンは、今も危機的な状況です。自衛隊は早期に撤退してください。安全保障法制=「戦争法」は憲法違反です、廃止にしてください、集団的自衛権行使は憲法違反です、撤回してください、「特定秘密保護法」は廃止にしてください、共謀罪はいりません、沖縄の普天間基地は早急に撤去・返還してください!辺野古新基地建設をやめてください。高江の米軍ヘリパット基地を撤去してください。日米地位協定は平等互恵の関係から見直してください。京丹後市へのXバンドレーダー米軍基地設置を止めてください、それに伴う福知山陸上自衛隊基地での米軍訓練使用はやめてください、沖縄へのMVオスプレイ配備は撤回してください。日本全国での飛行訓練はやめてください。オスプレイ自衛隊配備は全くいりません。ソマリア沖派兵、ジブチ自衛隊恒久基地化反対!海外派兵を恒久化してはなりません、朝鮮、韓国など他国を敵視するのをやめてください。中国敵視政策にもとづく南西諸島(宮古島や石垣島)でのミサイル基地化など軍備強化をやめてください。日米軍事一体化をやめてください!ミサイル防衛はいらない。防衛費の増額、防衛力強化はいりません。防衛機密は諸悪の根源、平和憲法の下では情報公開をしてください!自衛隊の民主化を計ってください。伊方原発、川内原発再稼働は停止してください。高浜原発再稼働反対、老朽美浜原発再稼働は許されません。原発からの早期の撤退と自然エネルギーへの転換を計ってください。

     

    アメリカのシリアへの空爆に賛意を示すのはやめてください。空爆は地上に暮らす人たちの顔が見えません。空爆は無慈悲なものになります。そして決して争いをおさめることにはなりません。ますます戦火を拡大するだけです。

     平和憲法のもとで政治を進める我が政府は、アメリカのシリア空爆をいさめることをするのが役割です。

     南スーダンからの撤収が徐々に進んでいます。これはよかったことです。しかし、5月最終撤収完了まで自衛隊員は危険な任務が続きます。一日も早い撤収を願っています。

     自衛隊の南スーダン派遣で、「日報」問題を契機に、分かったことは南スーダンの情勢のニュースが入って来ないことです。新任務を付与して昨年の11月20に自衛隊を派遣してから5か月近くもなりますが、厳しい現地の様子の知らせが入ってきません。「日報」問題を契機にして現地情報が入ってきましたが、自衛隊員5人の拘束、そして、これまで南スーダン派遣時の自衛隊員の交通事故件数、そしてNGOなどの職員が72人殺害されているということなどです。これらは、3月になって明らかになったこととか、3月に起こったことなどが報告されています。昨年の11月20から厳しい派遣の中で起こったことは、もっとあると思われます。早くこれらを明らかにしてください。

     南スーダン派遣・撤収問題で安倍政権、稲田防衛大臣の責任は重大です。防衛大臣辞任内閣総辞職にも匹敵する事態です。

     あれほど反対の世論を押し切って、新任務を付与して、危険な現地に自衛隊を派遣したことの責任です。そして、一区切りがつくわけでもないのに、「一区切りがついた」と撤収を決めるという政権の無責任性です。おそらく現地情勢が余りにも厳しくて好戦的な安倍政権でも耐えきれない状況が分かったからだろうと察します。安倍政権、稲田防衛大臣の責任を追及しなければなりません。それをしなければ再び、このような過ちを繰り返すことになります。重ねて安倍政権、稲田防衛大臣の責任を追及します。

    そして新任務を付与して南スーダンに派遣する元になった安保関連法=戦争法は自衛隊撤収をもって廃止にしてください。

     集団的自衛権容認は憲法違反なのですから、そのことからも廃止にしてください。

     

     さて、沖縄辺野古新基地建設強行は安倍政権の沖縄差別の上に進められている暴挙であると考えます。沖縄だけにどうして基地建設強化を進めるのでしょうか。沖縄は唯一かつての戦争で地上戦が強いられ多くの住民が「軍隊は住民を守らない」とはっきりと確信するまでに悲惨を体験しました。そこへ、米軍基地強化はもちろん自衛隊基地も強化しようとしています。沖縄を基地の島として一層強化しています。基地があることで被害を受けるのは住民です。沖縄辺野古基地建設強行、そして宮古島などへの自衛隊基地建設強行はやめてください。

     沖縄の基地建設強行、強化は決して抑止力にはなりません。かえって近隣諸国の危機感を醸成し軍事強化を促し、やがては紛争、へと発展していくことになります。

     沖縄を基地の島として強化するのは絶対にやめてください。

     

     最後に安倍政権の戦争政策によって自衛隊内の訓練強化や意下達の傾向が強くなっていると感じます。そこで、有無を言わせぬ強行命令や訓練が横行していると感じます。新任務を付与して南スーダンへ派遣したのもそうです。ぜひとも自衛隊員の人権を保障してください。自衛隊も平和に暮らしたいのです。自衛隊も平和的に生きる権利はあります。

     以上表記の項目と合わせて申し入れといたします。

     

             2017年4月16日 

            とめよう戦争!兵庫・阪神連絡会
     

     

     申し入れ後、いつものように阪急伊丹駅で街頭宣伝をした。

     配ったチラシは、市民デモHYOGOの4,23沖縄集会、

    共謀罪はいらない、のチラシ、辯護士会から出されている、いらんやろ共謀罪、パンフ、

    辺野古行動のチラシ、それに新たに作った稲田朋美防衛大臣は辞職を、安倍内閣は総辞職を、

    というチラシも若干まいた。

     そのチラシには安倍政権の悪行、森友学園問題は、アッキード事件として

    徹底追及の必要性、南スーダンのずさん極まりない派遣・撤収、稲田朋美と首相の責任問題

    沖縄の民意を全く無視した暴虐、そして原発事故の悲惨もなかったかのように大阪高裁の判決のように

    司法を抱き込んでの所業をもって、安倍内閣総辞職は十分考えられるというものだ。

     街頭宣伝チラシまき参加者が8人にもなった。

     これも最高の人出た。この行動はきわめて意義のあるものだと思っている。

     

     さて、産経新聞という超体制的・右翼的な新聞社のアンケートだから信じられないが、

    参考程度に見ておくと、安倍政権の支持率が、微増で60パー近くもある。

     民進党支持率が6、6パーでこれまででは、最低ということだ。

     当時民主党は原発事故で大きなダメージを受けた。立ち上がりにくくなった。

     漁夫の利でノサバッテいるのが自民党などだ。

     安倍内閣不支持率は30パーあり、これは力強い。

     共謀罪反対が賛成より少ない、これが通ると、戦争反対と言う人たちが活動しにくくなり、

    何もしていない人たちも息苦しい世の中になる。共謀罪はいらない!と言い続けよう。

     

    共謀罪は、いらない

     

    4月7日朝刊に出てます。

     

     中川市長3選良かった。
     40000票余り、他候補自民党推薦などを完全に大きく水をあけて信任を得たことだ。
     又野党共闘がここでは成功している。これを全国化することができれば安倍政権など目じゃないということだ。
     3期目は市民の大きな信任を受けて、いい市政をしてくれると期待したい。
     一つ投票率が低かったのは市民に十分中川市政が理解されていないということであり、
    今後の課題だと思う。
    2017年4月中旬からの取り組み
        (平和のため、世直しのため、時間の許す方は参加してください)

     

    4月16日(日)伊丹自衛隊第三師団・防衛省申し入れ
    時間=10:30〜
    場所=第三師団西門前
    (申し入れ内容:安倍の戦争政策に抗議)
    *申し入れ後、11:00〜11:50まで阪急伊丹駅北側で、申し入れの報告と、

    「戦争法」廃止2000万人署名に取り組みます。チラシは各地宣伝で撒いているものを使います)

     

    4月20日(木)
    戦争法廃止、沖縄基地建設強行反対
    改憲策動許さない街頭宣伝活動
    時間=15:00〜16:30
    場所=神戸三宮マルイ前

    主催:安保法制関連法廃止市民の会

     

    4月21日(金)関電包囲行動
    時間=11:00〜20:00
    場所=関西電力本店前(大阪中之島 科学館斜め前)

     

    4月22日(土)辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動
    時間=13:00〜14:00
    場所=神戸三宮マルイ前(そごう百貨店の向え)

     

    4月23日(日)

    辺野古の新基地絶対とめる!

    時間=14:00〜16:00

    場所=あすてっぷKOBE(神戸駅北10分)

    沖縄からの訴え「沖縄、辺野古のいま、これから」

    お話:安次富浩さん(ヘリ基地反対協・共同代表、辺野古テント)

    アピール:辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動、カヌーチーム辺野古ぶるー参加者

    学習会後デモがあります。

    5月3日(水・休)「アベ政治を許さない」掲示日
    時間=12:30から13:00
    場所=神戸三宮マルイ前
    (手持ちの「アベ政治を許さない」を持って参加して頂けたらありがたいです。少しは私が持って行きます)

     

       振込先:00920−3−281870、加入者:意見広告

     

    5月6日(土)

    戦争あかん!ロックアクション

    5月14日(日)西宮ピースネット

    時間=11:00〜12:15

    場所=JR西宮駅

    (戦争法廃止、辺野古新基地建設反対、原発再稼働反対、放射能汚染を許さない署名などに取り組みます)

     

    アソシエ・トモはプロバイダーの都合で閉鎖されましたが、USBメモリーに画像も含めて保存しています。小沢一郎が、「第七艦隊だけでいい」といったことから小沢たたきが始まったこと、3.11東日本大震災原発事故後、関電包囲行動を始めたこと、沖縄辺野古米軍新基地反対の取り組みのこと、海外派兵はするな第三師団・防衛省申し入れのこと、特定秘密保護法、戦争法、南スーダン派兵反対の取り組みなどが記録として残っています。必要な画像・ニュースは、何らかの形でお伝え頂ければ、お渡しできます

     

    category:- | by:sakaeocomments(0) | -

    スポンサーサイト

    2017.11.22 Wednesday 19:48
    0
      category:- | by:スポンサードリンク | - | -
      Comment