伊丹自衛隊第三師団・防衛省申し入れ

2017.07.23 Sunday 20:39
0

     148回目の伊丹自衛隊第三師団・防衛省申し入れだ。

     高村1尉が真摯に受け取り関係部署に伝えますということであった。

     今回の申し入れの第一は稲田防衛大臣、そして、それを擁護し、

    自らも政治権力を私物化している安倍首相にも辞任を要求するという

    まったく新たな申し入れとなった。

     申し入れ内容は以下の通りです。

     

    安倍晋三総理大臣様
    稲田朋美防衛大臣様

    近畿中部防衛局様
    中部方面総監様
    自衛隊第三師団長様

    自衛隊千僧駐屯地司令様

     

    安全保障法制=「戦争法」は憲法違反です、廃止にしてください、集団的自衛権行使は憲法違反です、撤回してください、「特定秘密保護法」は廃止にして安倍晋三ください、共謀罪は廃止にしてください、沖縄の普天間基地は早急に撤去・返還してください!辺野古新基地建設をやめてください。高江の米軍ヘリパット基地を撤去してください。日米地位協定は平等互恵の関係から見直してください。京丹後市へのXバンドレーダー米軍基地設置を止めてください、それに伴う福知山陸上自衛隊基地での米軍訓練使用はやめてください、沖縄へのMVオスプレイ配備は撤回してください。日本全国での飛行訓練はやめてください。オスプレイ自衛隊配備は全くいりません。ソマリア沖派兵、ジブチ自衛隊恒久基地化反対!海外派兵を恒久化してはなりません、朝鮮、韓国など他国を敵視するのをやめてください。中国敵視政策にもとづく南西諸島(宮古島や石垣島)でのミサイル基地化など軍備強化をやめてください。日米軍事一体化をやめてください!ミサイル防衛はいらない。防衛費の増額、防衛力強化はいりません。防衛機密は諸悪の根源、平和憲法の下では情報公開をしてください!自衛隊の民主化を計ってください。伊方原発、川内原発、高浜原発再稼働は停止してください。大飯原発、玄海原発の再稼動はするな、老朽美浜原発再稼働は許されません。原発からの早期の撤退と自然エネルギーへの転換を計ってください。

     

     

     稲田防衛大臣は辞任してください。

     なんとなれば、まず危険な南スーダンに新任務を付与して自衛隊員を派遣したからです。

     次に自衛隊の日報問題で「戦闘」を「衝突」と言い換えて危険な南スーダンに自衛隊員を派遣し続けました。

     そして、都議選で自らの政党の候補者を応援するあまり、防衛省や自衛隊が応援していると政治利用してしまったこと、これは公職選挙法に完全に違反しています。暴挙です。

     その他にも数々ありますが、もうこのような危険な稲田防衛大臣は自衛隊員の命や国民の命を預かる資格はありません。辞任してください。

     合わせて安倍首相の任命責任も追及しなければなりません。ところが安倍首相はいまだに稲田大臣を擁護しています。

     そして、安倍首相は森友・可計学園問題でも政治の私物化が甚だしく、国民の安全を守るトップにいる資格は大きく損なわれています。巷に「安倍やめろ」の声がこだまするほどです。辞任していただくしかありません。

     安倍政権、沖縄辺野古で反対住民を暴力的に排除しています。沖縄の米軍基地は決して抑止力ではなく攻撃力です。米軍基地は常にこれまで、ベトナム戦争、イラク戦争、あるいはシリアへの空爆などのように他国を攻撃するために使われました。米軍基地は、とことん攻撃のための基地です。沖縄に70パーセントもの米軍基地を置くことは、他国から恨みをかい、攻撃の対象になります。その意味では沖縄から米軍基地を出来るだけなくしていくことが必要です。まして辺野古新基地を作るなどということは、おろかな所業です。辺野古新基地建設を直ちにやめてください。

     安倍首相は、絶えず、中国や朝鮮、あるいは韓国さえも敵視してきました、靖国神社に参拝して、他国を強く刺激して来ました。そのために他国と腹を割った話し合いが出来ない状態が続いています。そして、日米軍事演習を重ねて他国を刺激し、危機感をあおり、周辺国の軍事優先を惹起させています。

     それは南西諸島への軍事強化に現れています。自らまねいた危機を納めるのではなく更なる軍事強化、軍事訓練で乗り切ろうとしています。いい迷惑なのは自衛隊員です。安倍政権のために自衛隊員を使ってはなりません。自衛隊員を危険な安倍政権のために使役してはなりません。

     平和憲法の下、日本は平和外交に徹し、武力で他国を脅すようなことがあってはなりません。安倍政権は常に武力を養い米軍と一体となって他国に脅威を与えています。これをやめてください。

     最後に、このような安倍政権の下では自衛隊員の人権が極めて、ないがしろにされていると察します。自衛隊員には一般の市民・国民と同じように平和的生存権は完全に保障されているのです。

     以上、思うところを書きましたが、上記の請願事項と共に真摯に検討され対応していただくよう要請いたします

     

     

        2017年7月23日 

        とめよう戦争!兵庫・阪神連絡会

     そして、このごろのバージョン、平和のうたう唄い。

     

    童神(ヤマトグチ バージョン)

    天からの恵み

    受けとこの地球(ほし)に

    生まれたる我が子

    祈り込め育て

    イラヨーヘイ イラヨーホイ

    イラヨー愛(かな)し思産子(うみなしぐゎ)

    泣くなよーや ヘイヨーヘイヨー

    太陽(てぃだ)の光受けて

    ゆううりよーや ヘイヨー ヘイヨー

    健やかに 育て

     と2番まで唄った。

     

     申し入れ後、例によって阪急伊丹駅で街頭宣伝活動署名活動を行いました。

     今日の申し入れの報告から始めて、多くのことを訴えました。

     今日のための独自ビラ、沖縄辺野古のこと、原発関連、マルイ前で行っている「市民の集い」の

    ビラなどを配りました。

     40分ほどですが配る人が2人という少ない中で50枚以上は配れたと思います。

     

     次回申し入れは8月20日(日)で同じ10:30からの予定です。

     政治情勢がどうなっているか、楽しみな局面です。

     

     その後、大林寺での学習会に出て、

     今は「経済学・哲学草稿」を学習している。

     ちょうど資本と労働の対立・矛盾のところに話が行っています。

     現在グローバル資本主義社会にあっても、有効な社会を読み解く

    論とキーワードだ。

     しかし未練を残しながら、今日は途中で失礼して、

    「障害者を殺すな7,23神戸デモ」に参加するために

    車で元町あたりまで。駐車してから、元町商店街に入ったら

    大きな太鼓の音、「わっしょい、わっしょい」と声が聞こえる。

     これかと思ったが、それは天神祭りの行列だった。

     それと神戸デモがかち合ったらいややなあーと思ったが

    後で聞いたら、かち合ったが「神戸デモ」の隊列を天神祭りの人たちが待ってくれ

    ちゃん通り安いようにしてくれたということだった。よかった。

     そうなんだ、と胸をいなでおろした。

     

     時間的にはきっと、さらに東をデモってるだろうと思い

    元町4丁目あたりまで行くと車椅子の人や手をつないで歩く人が

    固まっている感じなので、これだと思い合流することが出来た。

     花時計前がゴールだ。各地から参加しており、いつもの顔ぶれも

    あちらこちらに見える。

     花時計前では160人の参加だったと報告があった。

     「障碍者と健常者を分けるな」「19人の名前を出せ」「施設に入れるな」

    「精神病院に入れるな」「同じ学校に通いたい」「地域で暮らしたい」

    「障害があっても生まれたい」「障害者は不幸じゃない」など

    すばらしいコールでデモをした。

     私は解放された気持ちになる。

     

    (お母さんの木=百日紅、妻が還暦を迎えたときに植えた。

    それから10年、いろいろあったが、とりあえず乗り越えた。

    大きく育った)

     

    7月下旬からの取り組み

    (平和のため、世直しのため、時間の許す方は参加してください)

    7月23日(日)

    伊丹自衛隊第三師団・防衛省申し入れ

    時間=10:30〜

    場所=伊丹千僧自衛隊第三師団西門前

     

    7月27日(木)

    安保関連法廃止市民御集い木曜行動

    時間=15:00から16:30

    場所=神戸三宮マルイ前

    戦争法と共謀罪廃止の訴えとチラシまき、できれば署名活動も行います。

     

    7月28日(金)関電包囲行動

    時間=11:00〜20:00

    (次の取り組みがあるときは7時前には終わることがあります)

     

    7月29日(土)辺野古の海に基地を作らせない行動

    時間=13:00から14:00

    場所=神戸三宮マルイ前

     

     

    (この画像は、7月3日のものです)

    8月3日(木)

    「アベ政治を許さない」を掲げましょう

    時間=12:30〜13:00

    場所=三宮マルイ前

    8月5日(土)

    「憲法に自衛隊を明記することの意味を考える」

    時間=14:30〜

    場所=神戸市立総合福祉センター(婦人会館内4回第5会議室)

    講演:青井未帆さん(学習院大学教授法科大学院教授)


    8月6日(日)8,6ヒロシマ、平和の夕べ

     

    8月13日(日)西宮ピースネット

    時間=11:00〜12:15

    場所=JR西ノ宮駅

    (共謀罪廃止、戦争法廃止署名に取り組みます)

     

    8月15日(火)市民のための平和集会

    時間=13:00から

    場所=アステップ神戸

    お話:山城博治さん、知花昌一さん

     

    category:- | by:sakaeocomments(0) | -