第8期沖縄基地建設反対意見広告運動報告会

2017.06.24 Saturday 23:15
0

     今日は、被ばくを強制する側に立つのか、それに反対する側に立つのか〜「子ども脱被ばく裁判」という道しるべ〜

    宝塚宗教者・市民平和会議の総会記念講演会から始まった。

     脱被ばく裁判のこと、次々と安全基準を下げて、被爆を強制していく政府そして、社会。

     そのうち放射能を感じないうちに心臓発作を起こしたり癌になったり他の病気になったり

    と、そして寿命を縮めること、

    被爆強要する側と反対する側という二項対立で考えない方がいいこと。

     人は全く白ということもないし、まったく黒ということもない

    という考え方なのだろう。

     放射能汚染地帯に放置された牛たちを殺処分するということは

    これが暴力であること。

     フレコンバックの中にはミミズやその他の虫たちがいる。

    ミミズや虫たちを放射能地獄に閉じ込めている。

     それはかならず人類に逆襲してくる。

     フレコンバックから出てきた生物の逆襲、放射能の汚染が始まると訴えた。

     人の生き様、人の業、人の罪を訴えたように思う。

     

     それから意見広告運動報告会、山城博治さんのお話を聞く前に

    時間があったので、辺野古大阪へ参加した。

     700回近くになる「辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動」ということになる。

     今日はカンパが多額頂き、署名も80筆近くになったということだ。

     あとの報告でキャンプシュワブ前で、今日も逮捕者が出た、

     あたり前のように逮捕をしていくようになっている。

     こちらから行った人は3泊ぐらいで帰らなければならない。

     それを見越して権力は、話したら早く出してやるぞ、というささやきがあるということの報告があった。

     

     7月27日カヌー隊100艇をということで、そのためのゼッケンを作るという。

     言葉を考えてくださいということで「なめんなよ」「屈しない」「美ら海を守れ」

    などが出たが、他のもあったら連絡してくださいということであった。

     

     それから沖縄基地反対意見広告運動報告会へ。

     やや早く行ったが開会の6時にはもう溢れる状態だ。

     なんといっても山城博治さんの、ほとばしるような安倍に対する怒り

    安倍政権に対する怒りが、聞く者を魅了して止まない。

     沖縄の高江での闘い、辺野古での闘いを臨場感あふれる口調で訴えた。

     時に「安倍の野郎」という言葉が烈火のごとく飛び出すこともあった。

     国連で人権を守る、かつ平和を保つ活動をしていて5ヶ月も拘束されたと訴えたところ

    人権を守る人と評価された。

     シールズの玉城愛さんが、あなた方は第二の加害者ではりませんか

    と言ったことについて、真意を聞く中で限りなく連帯を求めている言葉だと

    いうことが分かり安心したと言い、それにつけても、この愛さんにたいして

    「死ね」「第二の琉球処分をしてやろう」「反日」とかのヘイトスピーチが

    投げかけられたことについては、本土がこのような状態になってきていることに怒りをあらわにした。

     私はそのことに共感した。

     

     11月国連人権委員会の人が日本に又やってきて調査をすると聞いていること。

     これまで国連の人権委員会の人が、日本は報道の自由が損なわれている。

     あるいは共謀罪について、これは人権侵害に当たるといった。

     これついて日本政府は、言っているのは一個人だろうとか

    一蹴する態度を取ったことについて、日本は世界から孤立していること

    かつての国際連盟から脱退した時のような社会になってきていることを訴えた。

     

     来年1月の名護市長選、あるいは秋の知事選挙で絶対に勝たなければならないこと

    安倍政権は辺野古建設を強行し、反対住民を権力で押しつぶしにかかってくることから

    必死に闘わなければならないことなどを訴えて

    本土で闘う皆さんと連帯して、これからも精いっぱい頑張る、取り組むと訴え話を終わった。

     途中に歌も飛び出し、後の川口真由美さんとも一緒に歌った。

     「今こそ起ちあがろう」「ウイシャル・オーバー。カム」などだ。

     

     安倍はやめろ、安倍はいらない、ファシスト安倍はくずかごに、

    と私も共感して、ついついこんな言葉を書いている。

     

    2017年6月からの取り組み
         (平和のため、世直しのため、時間の許す方は参加してください)

     

     稀代の悪法平成の治安維持法と言える、これまで三度廃案になって来た共謀罪

    テロ等準備罪と人々をだまくらかすために名称変更しようとも、私たちは騙されない。

                    

    アベ政治を許さない

    取り組み一緒に話しただけで

    共謀罪に罪人に

    自由も民主主義もありゃしない

     

    安倍の学校、昭恵の校長

    神道学校で教育勅語

    10分の1の価格で購入

    会計報告闇の中

     

    総理のご意向だと聞いている

    安倍の友達加計学園

    獣医学部が突然認可

    アベの口利き疑いない

     

    6月23日(金)関電包囲行動
    時間=11:00〜20:00
    場所=関西電力本店前(大阪中之島 科学館斜め前)

     

    6月24日(土)辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動
    時間=13:00〜14:00
    場所=神戸三宮マルイ前(そごう百貨店の向え)

     

    6月25日(日)伊丹自衛隊第三師団・防衛省申し入れ
    時間=10:30〜
    場所=第三師団西門前
    (申し入れ内容:安倍の戦争政策に抗議)
    *申し入れ後、11:00〜11:50まで阪急伊丹駅北側で、申し入れの報告と、

    「戦争法」廃止2000万人署名に取り組みます。チラシは各地宣伝で撒いているものを使います)

    6月29日(木)
    戦争法廃止、共謀罪いらない、沖縄基地建設強行反対
    改憲策動許さない街頭宣伝署名活動
    時間=15:00〜16:30
    場所=神戸三宮マルイ前6

    主催:安保法制関連法廃止市民の会

     

     

    7月3日(土)「アベ政治を許さない」掲示日(以下の画像は6月3日のものです)

    時間=12:30から13:00

     

    7月6日(木)

    戦争あかん!ロックアクション

    時間=18:30〜、集会後、米領前を通って西梅田公園までデモ

    場所=中之島水上ステージ(中之島公会堂前)

     

    7月16日(日)西宮ピースネット

    時間=11:00〜12:15

    場所=JR西宮駅

    (戦争法廃止、共謀罪はいらない、辺野古新基地建設反対、原発再稼働反対、放射能汚染を許さない署名などに取り

     

    category:- | by:sakaeocomments(0) | -