安保関連法廃止市民の集い=アベ政治を許さない!

2017.05.25 Thursday 23:18
0

     今日の戦争法廃止市民の集い、木曜行動は

    15人の参加で午前中の雨も吹き飛ばして

    3時から4時半まで有意義にできた。

     共謀罪法案廃案署名も私が3筆だったが

    合計で10筆は超えたのではないか。

     私は例によってウクレレでも訴えた。

    アベ政治を許さない

    取り組み一緒に話しただけで

    共謀罪で罪人に

    自由も民主主義もありゃしない

     

    安倍の学校、昭恵の校長

    神道学校で教育勅語

    10分の1の価格で購入

    会計報告闇の中

     

     その他、童神、さよなら戦争、なども歌った。

     

     そして、今日は共謀罪について、

    今国会で通す必要はないが64パーにも上ったことは

    目を見張るものがある。

     初めは「テロ等準備罪」ということで人々の賛同を得て

    共謀罪は、必要あり、が、必要ない、を上回っていたが

    その後、拮抗状態になり、強行採決の様相を呈する中で

    ついに逆転で、今国会と限定付きながら、必要、が、たった18パーで、

    必要ないが64パーと圧倒的に多くなっている。

     世論がそろそろ沸き立ちつつあるのか。

     野党もこの流れに乗って政権批判、共謀罪はいらない

    国会内アクションができやすくなっていると思う。

     取り組み運動を盛り上げていき、廃案へ持って行きたいものだ。

     

     一つ、森友学園問題と共に前文科省次官が加計学園建設認可にあたって

    安倍の友達である学園長に有利なように、これまで今治市が何度申請しても認可が下りなかったものを

    「官邸の最高レベルの人」「安倍首相の声がかりで」認可した

    ことを暴露した。文章も残っている。

     民進党などが、ここでも次官の証人喚問=招致を要請したところ

    与党は拒否したという。

     この拒否は森友学園問題での昭恵夫人の証人喚問拒否と同じで

    明らかに疑惑が濃いがゆえに承認喚問拒否をしていると断じていいことだ。

     このように疑惑の積み重ねは、政権の信頼はとっくに失墜している。

     安部政権、安倍内閣は総辞職をしろ。

     共謀罪、なんという悪辣な。

     277に対象を減らした時、権力者や富裕層には共謀罪が及ばないように

    項目を減らしているとは、もうなんということを。

     

     (権力者の「共謀」も大企業の「共謀」も処罰対象外!?

     相続税法も対象外で透けて見える「富裕層優遇」!

     「監視対象」は下々の者だけ!?

     岩上安身が京都大学教授・高山佳奈子氏にインタビュー 2017.4.30)

     

    【共謀罪廃案へ!大阪梅田ヨドバシカメラ前・座り込み】
    毎週土曜日(5月27日、6月3日、10日、17日。以降も継続 予定)
    18時〜20時、座り込み・アピールなど。20時以降は自由時間
      @大阪梅田のヨドバシカメラ前歩道へ集合

     与謝野馨さんが亡くなった。

     おばあさんである与謝野晶子が、「君、死にたもうことなかれ・・・」といったが、

    馨さんは戦死でなくてよかった。

     それにしても馨さん、「『右振れ』憂えた穏健保守」と書かれた彼が、

    最後に安倍自民党に復党というのは解せないことだ。

     周りが、やはり自民党に居た与謝野馨さんとしたかったからではないかと思ってしまう。

     安倍自民党には回帰してほしくなかった。

     

     安倍首相が20年改憲を言っている。

     自民党憲法草案では改憲の入り口にたどり着けないと思うと、

    9条に自衛隊を明記する程度と、大勢の納得が得られるようなものに変えて、

    改憲をとりもなおさずやり遂げようという魂胆だ。

     治安維持法、今の共謀罪は市民生活になんら関係はない、

    取り締まるものではないと言っていたのが、次々と改悪して最後は戦争という生活破壊、

    人権破壊に進んでしまったことを思うとき、安倍首相、政権の魂胆か第一歩の改憲から

    戦争をする憲法に変えていこうとしているのが透けて見えるではないか。

     

     はっきりと言おう。今の憲法を変えなくても不足した「決め事」は次々と法律で作ることができる。

     それほど現日本国憲法は基本法的性格を有している。

     そして協働、共生の社会を世界規模で作っていくものとして活用していけばいいものである。

     中国や朝鮮に対して危機意識を醸成するのでなくピョンヤン宣言に習って

    国交回復をしていくこと、そのために靖国神社の参拝をして、

    他国の日本に対する警戒感を生まさないこと。

     慰安婦像でも過去の侵略戦争の反省として撤去どころか作ってくれることに

    むしろ感謝して外交交渉をすることだ。

     そして核兵器廃絶は勿論、軍縮に世界規模で取り組むのがいい。

     平和憲法のある日本こそがその役割を果たすことができるし、そのことを世界が歓迎している。 

     安倍政権はその真逆の事をやっている。

     だからアベ政治を終わらさなければならない。

     

    2017年5月中旬からの取り組み
               (平和のため、世直しのため、時間の許す方は参加してください)

     

     (新聞掲載は、6月3日に朝日新聞と沖縄2紙です)

     

    5月25日(木)
    戦争法廃止、沖縄基地建設強行反対
    改憲策動許さない街頭宣伝活動
    時間=15:00〜16:30
    場所=神戸三宮マルイ前

    主催:安保法制関連法廃止市民の会

     

    5月26日(金)関電包囲行動
    時間=11:00〜20:00
    場所=関西電力本店前(大阪中之島 科学館斜め前)

     

    5月27日(土)辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動
    時間=13:00〜14:00
    場所=神戸三宮マルイ前(そごう百貨店の向え)

     

    5月28日(日)伊丹自衛隊第三師団・防衛省申し入れ
    時間=10:30〜
    場所=第三師団西門前
    (申し入れ内容:安倍の戦争政策に抗議)
    *申し入れ後、11:00〜11:50まで阪急伊丹駅北側で、申し入れの報告と、

    「戦争法」廃止2000万人署名に取り組みます。チラシは各地宣伝で撒いているものを使います)

     

    6月3日(土)「アベ政治を許さない」掲示日

    (以下の写真は、5月3日に三宮マルイ前で安倍政治を許さないを

    掲げた時のものです。その後、神戸芸術センターでの憲法集会に

    道々「アベ政治を許さない」を掲げながら参加しました)


    時間=12:30から13:00
    場所=神戸三宮マルイ前

     

    6月11日(日)西宮ピースネット

    時間=11:00〜12:15

    場所=JR西宮駅

    (戦争法廃止、共謀罪はいあらない、辺野古新基地建設反対、原発再稼働反対、放射能汚染を許さない署名などに取り組みます)

     

     稀代の悪法平成の治安維持法と言える、これまで三度廃案になって来た共謀罪

    テロ等準備罪と人々をだまくらかすために名称変更しようとも、私たちは騙されない。

     

     

    category:- | by:sakaeocomments(0) | -